メルペイ3,500円分を貰う方法と5%還元キャンペーンが使える店

メルペイ

こんにちは、3人子連れパパのらくしゅみです!(@laksumi_fb)

今までメルペイ後払いという名称が「メルペイスマート払い」になりました。

メルペイスマート払いを使ってお店でお買い物をすると、5%のポイントが還元されるキャンペーンが12月18日から開始されました。
これは、メルペイで支払えば実質5%キャッシュバックと同じ意味になります。
いろいろなキャッシュレス決済が混在している現在、支払いに迷ったら「メルペイ!」で問題ないくらいお得になっています。

また、まだメルペイを使っていない方は、招待コード《RTAZTZ》を入れて登録するだけで1,500ポイントが貰えます。

さらに、メルペイで1円(iD決済は11円)以上の決済を行うと+2,000ポイントが貰えます。

なんと、合計で3,500ポイントが貰えるという破格のキャンペーンです!

5%還元と3,500円分が貰える・・・JCB20%キャッシュバックなどのキャンペーンが終了して、この年末のタイミングでメルペイがやばいキャンペーンを打ち出してきましたね!

メルペイって子供も使えるの?という、子供がいる家庭の視点も含めて解説したいと思います。

ちなみにメルカリをやっていなくても、メルペイは問題なく使えますのでご安心ください。

《この記事で伝えたいこと》
・最大3,500ポイントを貰う方法
・メルペイスマート払いの5%還元キャンペーン内容
・メルペイスマート払いのメリット、デメリット
・メルペイが使えるお店って?
・メルペイって子供も使える?
・メルペイのキャンペーンは子供でもポイントは貰える?
スポンサーリンク

新規登録で1,500ポイントが貰えるキャンペーン内容

新規登録で1,500ポイントが貰えるキャンペーンは、次の2つのキャンペーンで合計1,500ポイントが貰えます。

  • 500ポイントもらえる、メルカリ新規会員登録時の招待ポイントプレゼントキャンペーン
  • 招待するごとに1,000円分ポイントもらえる!メルペイの友達招待キャンペーン「すすメルペイキャンペーン」

500ポイントもらえる、メルカリ新規会員登録時の招待ポイントプレゼントキャンペーン

まず1つ目の「500ポイントもらえる、メルカリ新規会員登録時の招待ポイントプレゼントキャンペーン」です。

500ポイントもらえるメルカリ新規会員登録時の招待ポイントプレゼントキャンペーン

こちらは常時開催されているキャンペーンですね。

メルカリのアプリをインストールして招待コード「RTAZTZ」を入れて登録を行うと、500ポイント = 500円分が必ず貰えます。

何もデメリットはなく、500円分が手に入るキャンペーンです。

このキャンペーンは本人確認が必要ないため、子供でも誰でも電話番号さえあれば500ポイントが貰えます。

このため、親から子供に招待すれば、子供は500ポイントが貰えて、さらに親も500ポイントが貰えるのです!
子供にスマホを持たせているなら、登録して子供と一緒にコンビニで爆買いなんてどうでしょう?私、らくしゅみは3人の子供たちとローソンでお買い物を楽しみました(笑)

ただ、注意点ですが、1人で同じ名前でメルペイに複数登録してはいけません。
子供のスマホは子供の名前でメルペイ登録が必要です。

また、公式ページのよくある質問でも書かれていますが、未成年の方は親にちゃんと確認を取りましょう。

Q. 参加に年齢制限はありますか?

A. ありません。ただし、未成年の方は親権者の同意を得たうえでご参加ください。

※親権者の同意を得ていただいている場合でも、「本人確認」を完了されていない場合にはポイントを獲得することはできません

公式ページから引用

1,000円分ポイントもらえる!「すすメルペイキャンペーン」

1,000円分ポイントもらえる!「すすメルペイキャンペーン」

こちらのキャンペーンは招待コードを入れるだけでなく、本人確認を行うと条件達成になり1,000ポイントが貰えます。

また、登録時に招待コードを入力した方でも、メルカリのアプリを開いた後、一番下にある「メルペイ」をタップして、キャンペーンページを開いた後に、再度、招待コードを入力する必要があります。

1,000円分ポイントもらえる!「すすメルペイキャンペーン」

1,000円分が貰えるキャンペーンも、500円が貰えるキャンペーンと同様にデメリットはありません。

しかし、ポイントを貰うためには本人確認が必要であるため、銀行口座の登録か本人確認書類である運転免許証やパスポートが必要です。
なお、学生証やマイナンバーカードでは登録できません。

メルペイ本人確認に利用できないもの

なお、1,000円分ポイントもらえる!「すすメルペイキャンペーン」は、500円分が貰えるキャンペーンは、両方貰えるの?と私、らくしゅみが疑問に感じましたので調べてみましたが、公式ページのよくある質問に両方もらえることが書いてありました。

よくある質問
Q. 500ポイントもらえる、メルカリ新規会員登録時の招待ポイントプレゼントキャンペーンと一緒ですか?

A. メルカリ新規会員登録時の招待ポイントプレゼントキャンペーンとは別のキャンペーンです。はじめてメルカリに登録をするお客さまは、メルカリ登録後、すすメルペイキャンペーンページから、招待コードを入力してください。

なお、友だちからシェアされたコードは、メルカリ新規会員登録時の招待コード入力欄でも利用できますので、メルカリ新規会員登録ページとすすメルペイキャンペーンぺージそれぞれに招待コードを入力すると、メルカリ招待ポイント (P500) とすすメルペイキャンペーン (P1,000) 合わせてP1,500がもらえます

公式ページから引用

メルカリからのお知らせ 【2019/11/6〜2020/4/5】招待するごとに500円分ポイントもらえる!「すすメルペイキャンペーン」開催中!
2020/4/2 追記:本キャンペーンは2020/4/5(日) 23:59に終了します。アプリでかんたん本人確…
スポンサーリンク

メルペイスマート払いのキャンペーン内容

こちらも2つのキャンペーンとなっております。

  • メルペイスマート払いをはじめると2,000ポイントプレゼント
  • メルペイスマート払い5%ポイント還元キャンペーン

それでは順番に解説したいと思います。

メルペイスマート払いを1円(iD決済は11円)以上の決済で2,000ポイントプレゼント

メルペイスマート払いをはじめると2,000ポイントプレゼント

次の条件を達成すると、2,000ポイントが貰えます。

  • 2020年1月7日(火)までにメルペイスマート払いを設定
  • 設定した翌月の10日までに「メルペイスマート払い」で決済

メルペイスマート払いで対象となるお店にて1円以上の支払いをすると、支払いの翌日にP2,000が付与されます。
ただし、iD決済の場合は11円以上からとなります。

なお、注意点として、次の条件に当てはまる場合キャンペーンの対象外となります。
18歳未満が対象外なので子供はダメですね。

  • 2019年12月3日 0:00以前に「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定 (旧「お店でのメルペイあと払い設定」) を完了している
  • 18歳未満
  • メルペイの利用ができない

もう一つ注意点として、メルペイスマート払いで対象となるお店にて1円以上の支払いが条件ですが、1円以上の支払いで次のものは対象外です。
中でもSuicaチャージが対象外なのは注意しましょう。

  • メルカリでの購入
  • Suicaへのチャージ
メルカリからのお知らせ 【1/07 まで】メルペイスマート払いをはじめると2,000ポイントプレゼント!
2020/01/07 (火) 追記: いつもメルカリ・メルペイをご利用いただきありがとうございます。 ご好評に…

メルペイスマート払い5%ポイント還元キャンペーン

メルペイスマート払いのiD決済で5%のポイント還元のキャンペーン

キャンペーン期間中にメルペイスマート払いを使ってお店でお買い物をすると5%のポイント還元となります。

このキャンペーンがすごいところは、支払い後、24時間以内に支払い額の5%相当分のポイントが還元されるところです。

キャンペーン期間は2020年1月31日(金) 23:59までです。

また、ポイント還元上限額は合計1,000ポイントまでとなっているため、20,000円の支払いが上限です。

iD決済、コード決済、ネット決済どれでもポイント還元の対象です。

スポンサーリンク

メルペイを利用できるお店

メルペイの決済は3種類です。

  1. iD決済
  2. コード決済
  3. ネット決済です。

コード決済、ネット決済は使える場所がまだ少ないですが、iD決済であれば使える場所がたくさんあります。

順番に使えるお店を解説いたします。

メルペイのiD決済を利用できるお店

iD決済であれば、いろいろなお店で使えます。

→ iD決済が使える場所はこちら

例えば、コンビニでは次の場所が使えます。

  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン

また、ファーストフードであれば次の場所が一例です。

  • マクドナルド
  • すき家
  • 吉野家
  • ミスタードーナツ
  • CoCo壱番屋など

さらに、ENEOSのガソリンスタンドも利用できます。
後ほど解説していますが、キャンペーン中は5%還元になるので、ガソリンスタンドで5%オフになるのは大きいと思います!

ただし、注意点はGoogle PayのiDは対応していません。
このため、Androidでは利用できない点は注意
したいです。

メルペイのコード決済を利用できるお店

コード決済は次の場所で使えます。(2019年12月22日現在)

なお、Androidの方でコンビニでメルペイを使える場所としては次の場所です。

  • ローソン
  • ミニストップ

ちなみに、メルペイのコード決済はセブンイレブンやファミマでは使えません。

メルペイコード決済が利用できる店

メルペイのネットショップで支払いができるお店

ネットショッピングでは、次の場所で使えます。(2019年12月22日現在)

残念ながら、Amazonや楽天などは利用できません。

メルペイネット決済が利用できる店

スポンサーリンク

メルペイスマート払いのデメリット

コード決済では使えるお店が少ない

先ほどご紹介したとおり、まだコード決済では使えるお店が少ないです。
解決策としては、iD決済を利用しましょう。

iD決済はAndroidでは利用不可能なのでリアル店舗はコード決済のみ

iD決済であれば利用できる店舗が格段に増えるのですが、Androidの方はiD決済ができないのでコード決済が使えるお店で利用するか、ネット決済で利用しましょう。

アンドロイドの方が不便なのが、結構大きいデメリットだと思います。

利用限度額がメルカリの利用状況で決まる

どうやら、人によって利用限度額が異なるようです。

おそらく、メルペイの利用頻度や利用額、銀行口座の登録有無などで決まっていると思われます。

ただ、大半の方が5%還元の上限以上は利用しないと思われます。
このため、今回の利用上限である20,000円あれば十分ですね。

残高支払い以外では300円の手数料がかかる

メルペイスマート払い(あと払い)の清算方法は次の3つです。

  1. 残高払い
  2. コンビニ/ATM払い
  3. 口座振替

この3つのうち、コンビニ/ATM払いか口座振替を選んでしまうと手数料300円がかかってしまいます。

口座振替が楽なのですが、できれば手数料がかからない残高払いが良いですね。
ただし、残高払いは清算時にチャージが必要になるので手間がかかります。

また、清算を忘れてしまうと年率14.6%の遅延損害金を請求されることがあるそうなので、忘れないようにしましょう。

<お支払い期限までに清算が間に合わない場合>

メルペイスマート払いのお支払い期限までに清算いただけない場合
アプリ内通知でもご案内しておりますが、メルペイスマート払いの支払い期限はご利用月の翌月末日までです。

個別でのお支払い期限延長の対応等は行うことができません。

<注意点>

お支払い期限までにご清算いただけなかった場合、ご清算が完了するまでメルペイスマート払いのご利用をお断りするほか、お持ちの売上金を未払い金額に充当いたします。

長期に渡りご清算いただけない場合は、下記の対応を行う可能性がありますことをご了承ください。

メルカリ/メルペイの一部機能の利用を制限する場合があります。
未払いのメルペイスマート払い債権、手数料等の回収を第三者に委託することがあります。
年率14.6%の遅延損害金を請求することがあります。
お電話または書面でご清算のご案内をすることがあります。

お支払い期限を超えた場合は、コンビニ/ATM払いでのみご清算可能です。

公式ページから引用

楽天銀行や住信SBIネット銀行は対応していない(楽天銀行は対応しました!)

チャージをするには銀行口座かメルカリの売上金が必要です。

ただし、銀行口座で良く使われる楽天銀行や住信SBIネット銀行は対応していない点は注意しましょう。
楽天銀行は対応しました!(2019年12月22日現在)

スポンサーリンク

メルペイスマート払いのメリット

利用上限の限度額を設定可能

この設定ができることがメリットであり、設定をするべき理由として、キャンペーンの上限を超えて使ってしまう心配がなくなります。

いろいろなキャッシュレスキャンペーンが行われていますが、どのキャンペーンでも大半の方が「後いくらまで使えるのかな?」と限度額を気にしていると思います。

もちろん、使いすぎの心配もいらなくなりますね。

後払いなので残高がなくても(チャージしなくても)買い物が可能

メルペイスマート払いの清算は翌月に一括して行うため、メルペイ残高にお金がなくても買い物をすることができます。

このため、余計なチャージをしなくて良く、買い物のたびに毎回チャージする手間もいりません。

ひと月で締めて、その時に必要な金額だけチャージをすれば済みますので、チャージをする回数が圧倒的に減ります。

1,000円以上であれば1円単位でチャージ可能

チャージは銀行口座からできますが、1,000円以上のチャージであれば、例えば1,001円など1円単位でチャージができます。

このため、端数の無駄がなく綺麗に清算することができます。

ちなみに、チャージの手数料は無料です。

後払いはポイント清算が可能なためポイント還元分が実質値引き

今回の5%還元などのキャンペーンも含めて、キャンペーンで還元されたポイントも、メルペイスマート払いの清算に充当させることができます。

このため、5%のポイントが還元されたものを後払いで利用できるので、5%値引きされたのと全く同じことになります。

スポンサーリンク

まとめ

まだメルペイを使ってない方は、子供の方であれば500円分、銀行口座を登録などしてさらに+1,000円分だけもらって、1,500円だけタダで貰ってそれだけ利用しても美味しいキャンペーンとなっています。

1,500円を貰うには招待コードを入れる必要がありますので「RTAZTZ」の招待コードを使って登録してください。

1,500円を貰って、さらに1回でも1円以上の決済をすれば、追加で2,000ポイントも貰えます!

さらにすごいのは、メルペイスマート払いの後払いを利用すれば5%還元も得ることができるので、3,500円を利用すると最大で175円分がポイントとして戻ってきます。

還元されたポイントを使って、メルペイスマート払いの後払いの清算ができますので、メルペイのポイント還元は実質値引きと同じことになります。

もう一つ言うと、国のキャッシュレス消費者還元事業で+2.0%還元にもなりますね。

利用できるお店については、Androidの方にはコード決済が利用できるお店が少ないためちょっと不便になります。これが大きいデメリットですね。

iPhoneの方であればiD決済を利用しましょう。

セブンイレブンなどを含めたコンビニや、マクドナルドや吉野家などのファーストフード店、さらにガソリンスタンドのENEOSなど、いろいろなお店で利用できます。

→ iD決済が使える場所はこちら

このため、iPhoneであればデメリットになりません。

メルペイスマート払いの後払いの清算は残高払いを選択しましょう。
口座振替やコンビニ/ATM払いだと手数料300円がかかってしまいます。

残高払いを行うためにはメルペイにチャージが必要ですが、チャージができるのはメルカリの売上金か登録した銀行口座からの2種類しかありません。
ATMチャージやクレジットカードチャージはできません。

ただ、銀行口座で楽天銀行も取り扱いが始まりましたので、とても便利になりました。

メリットとしては、利用上限の限度額を設定可能できることが大きいです。
なぜなら、キャンペーンの上限を超えて使ってしまう心配がなくなるからです。

今回の5%還元キャンペーンは、ポイント還元上限額は合計1,000ポイントまでとなっているため、利用上限の限度額を20,000円で設定しましょう。

twitterでは次のようなことをつぶやいていて、フォローしていただくとブログの更新情報が届きます。

  • クレジットカードポイントのお得活用、情報
  • 資産運用のFX投資情報(不労取得)
  • JALマイルの貯め方
  • キャッシュレス決済(○○ペイ)情報
  • スマホのお得情報

タイトルとURLをコピーしました