元手ゼロから投資ができる「インヴァストカード」| 毎月自動で現金キャッシュバックで面倒なポイント管理は一切不要

無料のおすすめクレジットカード

インヴァストカード

こんにちは、3人子連れパパのらくしゅみです!(@laksumi_fb)

まず、このカードはクレジットカードのポイントを管理するなんてメンドウ(-。-)y-゜゜゜という方に、一番おすすめのカードです!

クレジットカードで貯まるポイントは自動で現金化されますし、それだけではなく、たまったポイントで最初の設定さえすれば投資を自動で行ってくれるので、いつの間にか現金が増えている・・ということになります。

そんなインヴァストカードのメリット・デメリットについて、徹底的に解説します!

ちなみに、クレジットカードは何を作ったらいいか?と聞かれれば、真っ先に一つはこの「インヴァストカード」をあげるくらい優秀なクレジットカードです。

もう一つはリクルートカードです。
リクルートカードは私、らくしゅみがもっともおすすめする無料のクレジットカードです。

▼ ▼ リクルートカードの詳細はこちらの記事 ▼ ▼

年会費無料の「リクルートカード」MastercardとJCBの二刀流が最強!nanacoや楽天Edyのチャージ、さらにETCカードも年会費及び新規発行手数料が無料!
この記事は、年会費が無料のクレジットカードの中で、もっともおすすめするリクルートカードを紹介したページです。チャージで1.2%のポイントがつくもの、貯まるポイントの交換先でおすすめ、異なるブランドの2枚持ちが最強な理由を紹介しています。
スポンサーリンク

インヴァストカードとは

元手資金ゼロから始めれる、世界初の資産運用が出来るのがインヴァストカードです。

クレジットカードの利用時に貯まるポイントを現金にして、マネーハッチと呼ばれるもの(詳細は後述します)で積立投資を行います。

<流れ>

クレジットカード利用 → ポイントが貯まる → ポイントが自動で現金になる → 投資を自動で行う

日常の支払いを自動的に投資に変えることができるため、インヴァストカードはポイント管理をする必要がなく、ポイント管理が面倒な人には特に最適なカードです。

スポンサーリンク

ポイント還元率

インヴァストカードで支払いをすると、100円(税込み)で1ポイントが付与されます。
税込みでのポイント付与なので、例えば980円(税抜き)の商品を買う場合などでも、端数が無駄になりにくいことが地味にメリットです。

さらに、1回の支払いごとでのポイント付与ではなく、毎月の支払い合計額でのポイント付与になります。
高額な有料クレジットカードであるアメックスやダイナースでも、1回の支払いごとでのポイント付与がされる中、インヴァストカードはポイント還元に優れていることがわかります。

スポンサーリンク

年会費が実質無料

インヴァストカードは初年度が無料となります。

2年目以降は1,250円(税抜き)ですが、前年にクレジットカードの利用があれば年会費が無料になります。
このため、年会費は無料と言ってもいいと思います。

スポンサーリンク

家族カード

家族会員1名あたり400円(税抜き)がかかりますが、家族カードについても、前年にクレジットカードの利用があれば年会費が無料になります。

なお、本人会員か家族会員のどちらかでクレジットカードの利用があれば、本人と家族の両方の年会費が無料となります。

また、最大3枚まで家族カードは発行可能となっています。

スポンサーリンク

ETCカードは無料

インヴァストカードはETCカードも無料となっております。
無料カードの中では有料のものも数ある中で、インヴァストカードは無料なので嬉しいですね。

もちろん、ETCの支払いでも100円=1ポイントが還元されます。

スポンサーリンク

メリット

カードのポイント管理が不要

何といっても、ポイントの失効がないことが良いところです。

みなさんも心当たりがあると思いますが、クレジットカードでポイントを貯めている時に、うっかり有効期限を迎えてしまってポイントを失効したということはないでしょうか。

その点、インヴァストカードであれば、自動的にポイントが現金化されるため、ポイント管理が不要で余計な気を使わずに、ほったらかしで良いのです。

インヴァストカードはこんな人におすすめ!

今までポイントを無駄にしてきた人
ポイントの管理・交換などが面倒で有効活用できない人

国際ブランドマーケットシェアトップのVISA

圧倒的なマーケットシェアトップであるのはVISAとなっており、なんと54%です。

  1. VISA:54%
  2. Mastercard:26%
  3. Union Pay(銀聯):15%
  4. American Express:3%
  5. JCB:1%
  6. Discover/Diners:1%


出典:https://www.nilsonreport.com/

公共料金、インターネット料金、税金などの支払いもポイント還元率は変わらない

携帯電話、固定電話、電気、ガス、水道、NHK受信料、放送、新聞、プロバイダー、国民年金保険料、自動車税、固定資産税、保険料などの支払いも、インヴァストカードならポイント還元率は変わらず1%です!

有料クレジットカード含め、いろいろなクレジットカードがポイント対象外や還元率が半分になる中、インヴァストカードは1%のままなのは嬉しいですね。

国内の旅行傷害保険が付帯

国内旅行の費用を、インヴァストカードで事前に支払いした場合、次の事故について保険金が支払われます。

  1. 公共交通乗用具に搭乗中のケガ
  2. 公共交通乗用具の搭乗費用

  3. 宿泊施設内における火災・破裂・爆発によるケガ
  4. 宿泊施設の宿泊費用

  5. 募集型企画旅行参加中のケガ
  6. 宿泊を伴う募集型企画旅行参加費用

被保険者

カードの本人会員および家族会員、会員の配偶者、生計を共にする同居の親族および別居の未婚の子で、旅行にかかわる交通費や宿泊費をカード決済した者のみが対象となります。

補償内容と保険金額

補償項目保険金額補償する場合
死亡の場合1,000万円事故の日を含めて180日以内に亡くなられたとき
後遺障害の場合30万円~1,000万円事故の日を含めて180日以内に後遺障害を生じたとき、その程度に応じて
入院1日につき5,000円事故発生日より180日限度
手術1事故につき1回限度5万円/10万円/20万円入院保険金を支払う場合で手術を受けられたとき
手術の種類に応じて
通院1日につき3,000円事故発生日より180日以内で90日を限度

盗難保険つき

ネットでカードが不正利用された場合の保険も付いている。ジャックスへ被害届を出した日から90日前まで遡り、不正に利用された損害額を補償してくれるサービスです。

J’sコンシェルで優待や割引

映画、カラオケ、水族館、遊園地などで割引を受けることができます。

J’sコンシェルが利用するには、ジャックスのWeb会員サービスである、インターコムクラブ会員に登録が必要です。
もちろん、無料で利用できます。

具体的には次のようなものです。

  1. 映画では、1,800円 ⇒ 1,300円(500円の割引なので28%引き)
  2. カラオケでは、平日30%引き、金・土・祝前日20%引き
  3. 横浜・八景島シーパラダイスでは、5,050円 ⇒ 4,400円(650円の割引なので13%引き)

QUICPayの利用が可能

2018年10月9日からはGoogle Payにジャックスが対応して、QUICPayが利用可能になりました

JACCSモール(ジャックスモール)でAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどが1.5%還元などポイントがアップ

JACCSモール(ジャックスモール)を経由して、Amazonなどで商品を購入するだけでジャックスポイントが貯まるお得なサイトです。

JACCSモールはこちら(公式サイト)

スポンサーリンク

デメリット

紙の利用明細書は有料

2018年11月度から、紙の明細書が1回あたり80円(税抜)の手数料がかかるようになりました。

WEBで確認する分には無料なので、できればWEBで利用明細を確認しましょう。

確定申告が必要な場合がある

ポイントでの投資利益が年間で20万円以上の場合は、雑所得の申告分離課税(20.315%)の確定申告が必要です。
ただし、サラリーマンの方であれば、年間利益が20万円未満の場合は不要となります。

電子マネーのチャージはポイント対象外

nanaco、Edyのチャージ代金はポイント対象外(チャージは可能)です。

電子マネーのチャージは、1.2%還元を誇るリクルートカードがおすすめです。
詳細は別記事にて説明しておりますので、良かったらみてください。

年会費無料の「リクルートカード」MastercardとJCBの二刀流が最強!nanacoや楽天Edyのチャージ、さらにETCカードも年会費及び新規発行手数料が無料!
この記事は、年会費が無料のクレジットカードの中で、もっともおすすめするリクルートカードを紹介したページです。チャージで1.2%のポイントがつくもの、貯まるポイントの交換先でおすすめ、異なるブランドの2枚持ちが最強な理由を紹介しています。

リクルートカード

国外の旅行傷害保険が付帯していない

ジャックスカードには国外の旅行傷害保険が付帯しておりますが、残念ながらインヴァストカードには付帯しておりません。

別のクレジットカードで対応することとなりますが、おすすめはエポスカードです。

エポスカードであれば、年会費が無料であり、さらに自動付帯という至れり尽くせりのカードです。
詳細は別記事にて説明しておりますので、良かったらみてください。

年会費無料の最強サブカード「エポスカード」のメリット・デメリット
この記事は、年会費無料のクレジットカードで、いろいろな特典がある「エポスカード」を紹介しているページです。 提携店舗で割引なども紹介しており、特におすすめの特典であるカラオケがいくら割引されるかも紹介しています。

エポスカード

スポンサーリンク

マネーハッチ(Money Hatch)とは

マネーハッチ(Money Hatch)とは、お金をふ化させる、投資に対する殻を破ってほしいという意味が込められているそうです。

マネーハッチはクレジットカードのポイントなどを投資元金にすることで元手ゼロから始めることができます。
そしてETF(上場投資信託)を週に1回定期的に自動売買&再投資をすることで安定した高いパフォーマンスを得ることが出来ます。

マネーハッチで行う投資は自分のお金を使って行うだけでなく、クレジットカードである「インヴァストカード」で買い物した際に発生するポイントや、FXトレードよるキャッシュバック金が利用できるなど、さまざまな方法で投資に使うお金を貯めることができます。

インヴァストカードの利用合計金額100円(税込)ごとに1ポイントが自動的に現金に換算され、毎月20日頃までに取引口座に1ポイント1円として入金されます。

これにより、資金0円でもインヴァストカードのクレジットカードを買い物などで使っているだけで、毎月現金でマネーハッチに入金されるため、資産運用ができるというわけです。

トライオートETFと同様に海外ETFが元本為替リスクゼロ

マネーハッチもトライオートETFと同じように、海外ETFが元本為替リスクゼロで自動売買が可能です。

トライオートETFについては、別記事にて詳細に説明しております。良かったらみてください。

トライオートETFメリット・デメリットは?実際の運用成績も公開!
この記事は、トライオートETFメリット・デメリットを紹介しているページです。ライジングとカウンターの組み合わせがおすすめの理由や、実際の運用で2018年10月に起きた暴落で、いったいどの程度の含み損が出てたかを紹介しています。

投資スタイル「日経225ETF」なら約2,000円から投資が可能

この銘柄は2018年10月12日現在、1口当たり22,694円です。
マネーハッチは0.1口から買い付けが可能なため、約2,270円程度から買い付けがスタートします。

ちなみに、私、らくしゅみは、日経225ETFで運用しております。

インヴァストカードを使った資産運用実績も公開しておりますので、良かったら見てください。

マネーハッチからの現金化

マネーハッチで保有のポジションを決済し出金手続きをすれば、設定した銀行口座に振込されます。
このため、現金化は簡単に出来ます。

スポンサーリンク

インヴァストカードの複利運用による効果

複利運用とは、投資で得た利益をさらに投資にまわすという資産運用の方法です

もし、インヴァストカードの支払いを毎月10万円と仮定すると、毎月貯まるポイントは10万円の1%なので1,000ポイントが貯まります。

その場合で20年複利運用した場合の表と、さらに毎月1万円積立してた場合の表を作ってみました。
これは、今すぐにでもインヴァストカードを使わないと損だということが分かります。

インヴァストカードの支払いを毎月10万円

ただインヴァストカードで支払いをしてただけで、20年間で73万円にもなってしまいます!
これは、もちろん1円も使っていません。クレジットカードで支払いをしてるだけです。

年目資産利益(年利9.7%)年度末資産
1年目0円548円12,548円
2年目12,548円1,821円26,369円
3年目26,369円3,223円41,592円
4年目41,592円4,767円58,359円
5年目58,359円6,468円76,826円
6年目76,826円8,341円97,167円
7年目97,167円10,404円119,571円
8年目119,571円12,676円144,247円
9年目144,247円15,179円171,426円
10年目171,426円17,936円201,362円
11年目201,362円20,972円234,335円
12年目234,335円24,317円270,652円
13年目270,652円28,001円310,652円
14年目310,652円32,058円354,710円
15年目354,710円36,527円403,237円
16年目403,237円41,449円456,685円
17年目456,685円46,870円515,555円
18年目515,555円52,841円580,397円
19年目580,397円59,418円651,815円
20年目651,815円66,662円730,477円

支払いを毎月10万円と、さらに毎月1万円積立

毎月1万円の積立をすると、なんとなんと20年間で800万円!?にもなってしまいます。
ただ、これは税金は考慮していませんので、注意してください。

年目資産利益(年利9.7%)年度末資産
1年目0円6,030円138,030円
2年目138,030円20,030円290,060円
3年目290,060円35,451円457,510円
4年目457,510円52,435円641,945円
5年目641,945円71,143円845,088円
6年目845,088円91,747円1,068,835円
7年目1,068,835円114,442円1,315,278円
8年目1,315,278円139,439円1,586,717円
9年目1,586,717円166,971円1,885,688円
10年目1,885,688円197,296円2,214,985円
11年目2,214,985円230,697円2,577,682円
12年目2,577,682円267,486円2,977,168円
13年目2,977,168円308,006円3,417,174円
14年目3,417,174円352,636円3,901,810円
15年目3,901,810円401,793円4,435,603円
16年目4,435,603円455,936円5,023,539円
17年目5,023,539円515,571円5,671,110円
18年目5,671,110円581,255円6,384,365円
19年目6,384,365円653,601円7,169,966円
20年目7,169,966円733,285円8,035,251円

▼ ▼ インヴァストカードの申込みはこちらから ▼ ▼

インヴァストカード

twitterでは次のようなことをつぶやいていて、フォローしていただくとブログの更新情報が届きます。

  • クレジットカードポイントのお得活用、情報
  • 資産運用のFX投資情報(不労取得)
  • JALマイルの貯め方
  • キャッシュレス決済(○○ペイ)情報
  • スマホのお得情報

タイトルとURLをコピーしました