dカード GOLDのポイント還元率を1%から1.5%に上げる方法

dカードゴールドポイント50% 増量dカード GOLD
* dポイントを極限まで貯めたい
* dカード GOLDのリボ払いでポイント還元率が上がる仕組みを知りたい
* ポイント還元率が良くて、お得なクレジットカードが欲しい

こんなことを思ったことはないでしょうか。

こんにちは、3人子連れパパのらくしゅみです!(@laksumi_fb)

dカード GOLDのポイント還元率は1.0%と高還元率です。

1.0%の高還元率をリボ払いを活用することにより、さらに50%増量させることができるので1.5%還元にすることができます。

ですが、リボ払いは使い方を誤ると金利手数料がどんどん膨れ上がってしまいます。

この記事は、リボ払いの金利手数料を極力抑えて、ポイント還元率を50%増量して1.5%の超還元率のクレジットカードにする方法をお伝えしたいと思います。

この記事で伝えたいこと

* dカード GOLDのポイント還元率を1.0%から1.5%にする方法
* リボ払いの金利手数料を極力抑える方法
スポンサーリンク

dカード GOLDのリボ払いの仕組み

リボ払いのコースは3種類

リボ払い

  • こえたらリボ
    こえたらリボ

こえたらリボは、毎月指定した金額と手数料を支払う方法です。

仮に毎月5,000円を設定したら、dカード GOLDでどれだけ買い物をしようとも、5,000円+手数料だけの支払いになります。
5,000円を超えた利用した金額は、リボ払いの手数料がかかることになります。

  • あとからリボ
    あとからリボ

あとからリボは、一回払いで買い物したものを、後日リボ払いに変更する方法です。

  • 店頭でリボ
    店頭でリボ

店頭でリボは、通常は一括払いですが、買い物のときにお店でリボ払いと伝えるとリボ払いにすることができます。

こえたらリボ払いを選択すると貰えるポイントが50%増量

こえたらリボでポイント50%増量

利用額1,000円に対して+5ポイントのdポイント増量ボーナスされます。
つまり、0.5%分のポイントが増量されるので、dカード GOLDの通常還元率1.0% + 増量分0.5 = 1.5%還元になるのです。

増量される条件としては、利用代金の請求月に「リボ払い手数料の請求」があれば、その月の利用金額に対して50%増量されます。
1円でもリボ払いの手数料が発生すればいいのです。

dカード | こえたらリボ
「こえたらリボ」は、お店で”リボ払い”とお申出いただかなくても、事前に決めておいた支払額を超えた分を自動的に翌月以降にリボ払いできて便利です。毎月の支払額を事前に決めておいて、計画的にお支払いしたい方はこちらから。

金利手数料、締め日、確定日、支払日(引き落とし日)

金利手数料、締め日、確定日、支払日(引き落とし日)

金利手数料は「年率」15%です。
このため、1ヶ月では1.25%になります。

締め日は毎月15日です。
なお、締め日は土、日、祝日は関係ありません。
前月16日から今月15日にdカード GOLDを利用したものが、今月15日に締められます。

15日に締めたものが、まず仮の確定日として毎月25日に金額が仮で確定します。

仮確定後、翌月の支払日から平日4日前の日に本確定されます。

最後に本確定された金額が10日に支払いがされます。
なお、10日が土、日、祝日だった場合は翌営業日に支払いされます。

なお、仮確定と本確定の意味については後述します。

スポンサーリンク

リボ払いで極力手数料がかからないようにしてdポイントの還元率を上げるやり方

dポイントの還元率を上げる条件は「利用代金の請求月に、リボ払い手数料の請求があること」です。
このため、全額を繰り上げ返済で先払いしてはいけません。
支払い額をある一定の額だけ残して、繰り上げ返済をして先払いを行う
ことです。

支払額を数百円だけ残すことにより、ごくわずかのリボ払いの金利手数料が発生し、ポイント還元率を1.0%から1.5%にすることができます。

その手続きを行う日は仮確定日から本確定日までの間です。

具体的には、25日から翌月10日(10日が平日の場合) – 平日4日前までの間に、数百円程度を残すように、臨時の増額手続きを電話かWEBで返済額の変更を行います。

例えば、25日に支払額の合計が35,589円だった場合で、こえたらリボの設定が5,000円の場合、25日以降に30,000円を臨時の増額を行い、支払いを35,000円にして589円をリボ払いに(残高として残す)します。
こうすると、589円に対して年率15%の金利がかかるので、ごく少量の金利手数料だけ発生させてdポイントが50%増量します。

後ほど、最低金利を発生させる計算を紹介します。

リボ残高を確認

25日になったらリボ残高を確認します。
この画面で、リボ払いご利用残高と毎月の支払額を確認します。

リボ払いご利用残高に記載があるのが支払う金額です。

毎月の支払額は、自分で設定した額になっていると思います。
私の場合は、毎月5,000円が支払額にしています。
このため、5,000円を超えた分がリボになります。

dカード|Member's Menu

電話で返済額変更

電話で返済額を変更する方法です。
電話では、オペレーターに繋いで返済額変更をお願いする方法と、自動音声案内で返済額の変更をする方法の2通りがあります。

オペレーターでお願いする場合の一番のメリットは1円単位で返済額を設定できることなので、金利手数料を限りなく1円に近づけることが可能です。

自動音声案内では1,000円単位で設定のため、支払額によっては数十円の金利手数料が発生します。

このため、最もリボ払いの金利手数料を抑えることができるのは、電話でオペレーターにお願いすることです。

サポートセンター電話番号
dカード GOLDデスク0120-700-360
dカードセンター0120-300-360

※午前10:00~午後8:00(年中無休)
ただし、リボ払いの手続きは午後6時まで

《オペレーターに繋ぐ》

  1. 電話をする
  2. 音声ガイダンスで「4」を押す
  3. 次に「6」(リボ払い・分割払い・キャッシングサービスに関して)を押す
  4. 次に「1」(リボ払い・分割払いに関して)を押す
  5. 次に「6」(その他のお問い合わせ)を押す
  6. 16桁のカード番号を入力
  7. 4桁の暗証番号を入力

《自動音声案内で返済額の変更》

  1. 電話をする
  2. 音声ガイダンスで「4」を押す
  3. 次に「6」(リボ払い・分割払い・キャッシングサービスに関して)を押す
  4. 次に「1」(リボ払い・分割払いに関して)を押す
  5. 次に「3」(リボ払いの毎月お支払いの臨時の追加の申し込み)を押す
  6. 次に「1」を押す
  7. 16桁のカード番号を入力
  8. 4桁の暗証番号を入力
  9. 次に「2」(一部を支払い)を押す
  10. 追加支払いをする金額を1,000円単位で入力

WEBで返済額変更

電話以外にも、WEBでリボ払い返済額の設定を変更することも可能です。
ただし電話と違って1円単位では返済額を設定できず、1,000円単位での設定になります。

dカード | リボ払い 臨時のお支払い(増額・減額)
ショッピングリボ臨時のお支払いご利用方法をご案内。資金に余裕のあるときは、お支払額にご希望の金額を追加してお支払日にお支払いいただいたり、資金に余裕がないときは通常のお支払額から減額してお支払いいただくことが可能です。詳しくはこちらから。

最低金利を発生させる計算方法

できる限り金利手数料は払いたくないので、最低金利である1円になるべく近づけたいと思うのは道理です。

先に基本のルールの確認です。

  • 締め日:15日(土・日・祝日関係なし)
  • 仮確定日:25日頃(土・日・祝日関係なし)
  • 本確定日:支払日から平日4日前の日
  • 支払日:翌月10日(土、日、祝日だった場合は翌営業日に支払い)

さらにリボの計算で大事なことがあります。
10円単位切り捨てで100円単位で計算されます。

そして、もうひとつ大事なこととして初月か2ヶ月目以降かにより計算方法が違います。

初月

初月の場合は支払日の翌日から〜15日でリボ払いの金利を計算します。
支払日の10日が平日の場合は11日〜15日の5日間になります。
このため、初月の1円を発生させる手数料の計算式は、1円 ÷ 5日 × 365日 ÷ 0.15 = 486円 → 500円です。
500円の残高を残せばいいことになります。

残高500円の場合の金利手数料は、500円 × 0.15 ÷ 365日 × 5日 = 1.02 → 1円になります。

さて、10日が休日の場合、日数の計算が5日ではなくなります。
1日〜5日があるので、必要な残高を表にまとめました。

日数残高
1日2,500円
2日1,300円
3日900円
4日700円
5日500円

2ヶ月目以降

初月だけは5日間しかリボ払いの金利が発生しませんが、2ヶ月目以降は初月に残高として残したものが1ヶ月分の金利として発生します。

具体的には16日〜翌月10日(平日の場合)でリボ払いの金利手数料が計算されます。
翌月の10日が平日ではない場合や、今月が30日までや31日までなど、毎月日数計算が異なります。

ですが、2月などの日数が少ないときを考慮しても、そうシビアに考えなくても大丈夫です。
一応2月で例にすると、23日分(2月16日〜28日の13日間と3月10日までの10日間)あります。
100円の残高を残した場合は、100円 × 0.15 ÷ 365日 × 23日 = 0.94円で1円に満たないので、最低200円の残高を残す必要があります。

ちなみに、25日間あれば100円で大丈夫です。
23日または24日しかない場合のみ、200円を残高として残す必要があります。

* 毎月200円以上を残高として残せば問題なし
* 正確には16日〜翌月の支払日までの日数が、25日以上あれば100円の残高でOK
* 翌月の支払日は、平日であれば10日になり、休日の場合は翌営業日となる

支払い参考例

具体的に支払いの参考例を示そうと思います。

《初月》

  • 2019年5月16日〜6月15日
  • クレジットカードで35,500円を利用
  • 設定は5,000円
  • 30,000円を増額して500円の残高を残す
  • 2019年7月10日(水)に35,000円の支払い
    → リボ金利手数料が発生していないので、dポイントの増量なし

この場合、金利の計算は次のようになります。

  • 残高500円に対して、2019年7月11日〜7月15日の5日間分の金利手数料1円が発生 → 2019年8月13日(火)に支払う(8月10日・11日・12日が休日のため)

次に2ヶ月目です
《2ヶ月目》

  • 2019年6月16日〜7月15日
  • クレジットカードで45,300円を利用
  • 設定は5,000円
  • 8月13日(火)の支払い総額は、カード利用した45,300円 + 先月の残高500円 + 先月のリボ金利手数料1円 =「45,801円」 → リボ金利手数料1円が発生しているので、dポイント50%増量
  • 40,000円を増額して801円の残高を残す

この場合、金利の計算は次のようになります。

  • 7月10日に支払って残った「残高500円」に対して、7月16日〜8月13日の29日分のリボ金利手数料5円が発生 → 2019年9月10日(火)に支払う
  • 今月の残高801円に対して、2019年8月14日(水)〜8月15日(木)の2日間分の金利手数料は0.65円なので発生しない

次に3ヶ月目です。
《3ヶ月目》

  • 2019年7月16日〜8月15日
  • クレジットカードで25,900円を利用
  • 設定は5,000円
  • 9月10日(火)の支払い総額は、カード利用した25,900円 + 先月の残高801円 + 先月のリボ金利手数料5円 =「26,706円」 → リボ金利手数料5円が発生しているので、dポイント50%増量
  • 21,000円を増額して706円の残高を残す

この場合、金利の計算は次のようになります。

  • 8月13日に支払って残った「残高801円」に対して、8月16日〜9月10日の26日分のリボ金利手数料8円が発生 → 2019年10月10日(木)に支払う
  • 今月の残高706円に対して、2019年9月11日(水)〜9月15日(日)の5日間分の金利手数料1円が発生 → 2019年10月10日(木)に支払う
スポンサーリンク

まとめ

それでは、dカード GOLDのリボ払いを活用して、金利手数料を限りなく少なくして、クレジットカードのポイント還元率を1.0%から1.5%に上げる方法についてまとめたいと思います。

  • リボ払いの3種類あるコースのうち「こえたらリボ」を利用
  • 毎月25日頃に仮確定されるので、臨時の増額返済を行う
  • 臨時の増額返済は、WEBまたは電話での自動音声案内だと1,000円単位でできる
    オペレーターにお願いすれば、1円単位で臨時の増額返済が可能
  • 初月の場合、2,500円を残高として残せば必ずリボの金利手数料1円以上が発生
    正確には5日あれば500円、4日は700円、3日は900円、2日は1,300円、1日は2,500円を残高として残す
    日数の計算は、支払日の翌日〜15日の日数で計算
    支払日は10日が基本で、休日の場合は翌営業日
    計算式は、残高(10円単位切り捨て) × 0.15 ÷ 365日 × 日数
  • 2ヶ月目以降の場合、200円を残高として残せば必ずリボの金利手数料1円以上が発生
    正確には、16日〜翌月の支払日までの日数が、25日以上あれば100円の残高にして、24日以下の場合は200円の残高にする
  • 臨時の増額返済は、支払日から平日4日前の日までに行う
  • 金利手数料1円の計算式は、1円 ÷ 日数 × 365日 ÷ 0.15

twitterでは次のようなことをつぶやいていて、フォローしていただくとブログの更新情報が届きます。

  • クレジットカードポイントのお得活用、情報
  • 資産運用のFX投資情報(不労取得)
  • JALマイルの貯め方
  • キャッシュレス決済(○○ペイ)情報
  • スマホのお得情報

タイトルとURLをコピーしました