【完全保存版】最も効果的なdカード GOLD活用方法と抑えるべきデメリット

dカード GOLD

こんにちは、3人子連れパパのらくしゅみです!(@laksumi_fb)

この記事は、こんなことを思っている方に向けて書きました。

1. dカード GOLDってお得だって言われているけど、結局何をしたらdカード GOLDはお得になるの?
2. メリットばかり言われているけど、デメリットはないの?
3. 契約する前にこれだけは知っておきたいことって何?
4. ドコモ利用者以外はdカード GOLDってどうなの?

この記事を見ていただくと、デメリットが何かが分かり、dカード GOLDを実際どのように使ったら、どのくらいお得かがわかります。
これからdカード GOLDを発行を考えている方の参考にしてください。

スポンサーリンク

お得なdカード GOLDだが、抑えておきたいdカード GOLDのデメリット

まずはじめに、dカード GOLDのデメリット4つを解説いたします。
デメリットをまず抑えて、その解決策をお話します。

1. 年会費が毎年10,000円と高く、年会費割引サービスがない
2. dポイントをドコモ利用料金に充てると、ポイントの貯まる量が減る
3. スマホの利用料金に支払うとポイントが貯まらない
4. 電子マネーチャージではポイントが貯まらない

それぞれ順番に解説いたします。

年会費が毎年10,000円と高く、年会費割引サービスがない

2年目以降もその先もずっとdカード GOLDを持ち続ける限り、税抜き10,000円(税込みで11,000円)がかかります。

また、年会費が割引になるサービスがありませんので、必ず11,000円は手元から出さないといけません。

ちなみに、三井住友カードで言うと、年会費が無料になるサービスや、ゴールドカードでも年会費が半額になったりします。また、ダイナースカードなどはポイントで年会費に充てることができますね。

そういったサービスがあるといいのですが、ないものねだりしてもしょうがないので、年会費11,000円、月額では約900円ちょっとなので頑張って支払って、後ほど紹介する方法でdカード GOLDを活用すれば、年会費11,000円は間違いなく元を取れます。いえ、年会費以上にお得なものとなっています。

dポイントをドコモ利用料金に充てると、ポイントの貯まる量が減る

当初、dポイントをドコモ利用料金に充てることはできませんでしたが、dポイントクラブが開始されたのと同時にできるようになりました。
このため、いろいろな方が手持ちの持ち出しが減って、負担が小さくなるのは確かです。しかし、dポイントをドコモ利用料金に充てるのはおすすめしません。

なぜなら、dカード GOLDの最大の特徴である10%還元の対象は、割引サービス後の金額が対象金額となるため、dポイントをドコモ利用料金に充ててしまうと、dポイントが貯まる対象金額が下がるため、貯まる量が減ってしまいます。

スマホの利用料金に支払うとポイントが貯まらない

dカード GOLDはお得だからと聞いたのに騙された!最悪!などと言われる部分がこれです。

「スマホの利用料金にdカード GOLDで支払うとポイントが貯まらない」

ドコモショップでスマホを契約すると、お支払いをdカード GOLDにと普通に勧められて、ポイントが還元されない話しはされません。(私は何度か契約していますが、一度も言われていません)
このため騙された!となるわけですね。

ですが、スマホの利用料金にdカード GOLDで支払う意味があります。このため、ショップの店員はあながち間違ってはいないのです。
実際、私、らくしゅみはスマホの利用料金をdカード GOLDに設定しています。

なぜなら、次の2つのキャンペーンにより、ポイント還元率が上昇するからです。
詳しいことは「スマホの利用料金はdカード GOLDの支払いが結局お得」で後述します。

電子マネーチャージではポイントが貯まらない

dカード GOLDで電子マネーのチャージを行うことはできますが、残念ながらポイント付与の対象外となります。
これは公式サイトでも記載されています。

dカード GOLDポイント進呈対象

ちなみに電子マネーチャージとは、次のものになります。

  • 楽天Edyチャージ
  • nanacoチャージ
  • モバイルSuicaチャージ(モバイルSuicaで購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれる)
  • SMART ICOCAチャージ
  • WAONチャージ
  • dカード プリペイドチャージ
スポンサーリンク

最も効果的なdカード GOLD活用方法

dポイント10%還元、ケータイ補償、利用付帯の国内旅行保険と自動付帯海外旅行保険、国内・ハワイの主要空港ラウンジの利用など、dカード GOLDにはメリットがありすぎるくらい沢山あります。

それこそ、それだけで記事になってしまうので、ここではどのようにdカード GOLDを利用すれば最も効果的なのか解説したいと思います。

dカード GOLDのメリットは、公式ページのリンクを貼っておきますので、詳細が知りたい方は見てください。

dカード | dカードとは
ドコモのクレジットカード「dカード」が提供する各種サービスや、特典をご紹介します。「ケータイ補償」「海外旅行保険」など、ドコモならではのお得なサービスが満載!

それでは、最も効果的なdカード GOLD活用方法は次の9つです。

  1. 入会キャンペーンを徹底活用
  2. スマホの利用料金はdカード GOLDの支払いが結局お得
  3. インターネットショッピングはAmazonがおすすめ
  4. 貯まった通常のdポイントはiDキャッシュバックを利用
  5. 期間・用途限定dポイントおすすめの使い道3つ
  6. お店での支払いは基本d払いが最強でd払いが利用不可のお店はiD決済
  7. ガソリンはENEOSでiDキャッシュバック+iD払いのコンボでポイント払いが可能かつポイントも貯まる
  8. 年間利用額を100万円以上を目指して年間ご利用額特典をゲット
  9. リボ払いの「こえたらリボ」を活用してポイント還元率をブースト

順番に解説いたします。

入会キャンペーンを徹底活用

【300×250】株式会社NTTドコモ/dカードGOLD
デメリットの1つである年会費ですが、入会キャンペーンを活用するだけで1年目は元が取れるようになっています。
なんと、11,000円分のiDキャッシュバックが受けられるからです。

  1. 入会だけで2,000円分還元
  2. ドコモの利用料金をdカード払いに設定で1,000円分還元
  3. 入会翌月末に20,000円(税込み)を利用で8,000円分還元

さらに、今なら次の2つのキャンペーンもやっています。

  1. こえたらリボとキャッシングリボご利用枠を設定で2,000円分還元(公式サイト)
    「こえたらリボ」と「キャッシングリボご利用枠」を設定するだけで最大2,000円分プレゼント!!
  2. 2020年3月31日までにdカード GOLD新規申し込みで2,000円分還元(公式サイト)
    dカード GOLDご入会でもれなくiDキャッシュバック増額キャンペーン 期間中、dカード GOLDに新規お申込み・アップグレードで、もれなく2,000円分のiDキャッシュバック!!

合計で15,000円分のiDキャッシュバックが受けられるという破格な内容となっています。

ちなみに、iDキャッシュバックとは何かは、「貯まった通常のdポイントはiDキャッシュバックを利用」で後述しています。

また、リボ払いは借金だから結局損じゃない!と思われがちですが、リボ払いの裏技があります。
これは別記事にしてありますので、良かったら一緒に見てください。(題名は違いますが、リボ払いの金利手数料を極限まで抑える方法を紹介しています。)

dカード GOLDのポイント還元率を1%から1.5%に上げる方法
* dポイントを極限まで貯めたい* dカード GOLDのリボ払いでポイント還元率が上がる仕組みを知りたい* ポイント還元率が良くて、お得なクレジットカードが欲しいこんなことを思ったことはないでしょうか。dカード GOLDのポ...

dカード GOLDでスマホの利用料金を支払うとdポイントスーパー還元プログラムが+1%になるためお得

スマホの利用料金をdカード GOLDの支払いをすると次のサービスによりお得になります。

  1. dポイントスーパー還元プログラムでポイント還元率が+7%
  2. dカードお支払割5%還元キャンペーンでポイント還元率が+4%
  3. 年間利用額特典の対象となる
  4. 入会キャンペーンで追加の還元を受けられる

毎月の支払いに設定すると、dポイントスーパー還元プログラムのうち、携帯料金の支払いで+1%という項目があり、さらに、dカードお支払割5%還元キャンペーンでポイント還元率が+4%になるためお得になります。

ポイント還元率で具体的に言いますと、例えばドコモの毎月支払いが10,000円だとします。
この支払いを還元率1%の楽天カードに設定したとします。
そうすると10,000円の1%なので、100ポイントが貯まりますね。

しかし、dカード GOLDに設定すると、ドコモの毎月支払いではポイントが貯まりませんが、通常のお店での支払いが、dポイントスーパー還元プログラムの+7%とdカードお支払割5%還元キャンペーンの+4%で最大11%+dカード GOLDの1%で、毎回12%のdポイントが貯まります。

その月に生活費1,000円を使ったとして、楽天カードとdカード GOLDの比較は次のとおりとなります。

  • 楽天カードの場合:
    ドコモの毎月支払いで100ポイント
    生活費1,000円の支払いで10ポイント
    合計で110ポイント
  • dカード GOLDの場合
    ドコモの毎月支払いで0ポイント
    生活費1,000円の支払いで120ポイント
    合計で120ポイント

このとおり、月にdカード GOLDを1,000円使うだけで、貰えるポイントが逆転します。

実際は、dポイントスーパー還元プログラムの還元率+7%は厳しいかもしれません。だいたい4%か5%というところでしょうか。
それでも、スマホの利用料金にdカード GOLDの支払いしたほうがお得なのはわかると思います。

インターネットショッピングはAmazonがおすすめ

インターネットショッピングはAmazonがおすすめです。
なぜなら、ドコモのギガホを契約すると、年会費4,900円(税込)のAmazonプライムが一年間ついてきます
さらに、次の3つのサービスにより、Amazonでのポイント還元率が通常で7%、3店舗の買い回りで10%還元になります。

  1. Amazonでd払い利用で+5%還元
  2. 毎週金・土曜日は+2%、買い回りで最大+5%

楽天のSPUに比べると最大還元率では落ちますが、買い回りが3店舗で良いのと、Amazonなら送料も無料で、Amazonプライムなら翌日に商品が届きます。

ちなみに、dカードポイントUPモールを利用すると、1.5倍の還元率になります。つまり+0.5%還元ですね。

また、後述していますが、期間・用途限定dポイントをAmazonのd払いで利用することができます。

貯まった通常のdポイントはiDキャッシュバックを利用

iDキャッシュバックとは、「iD」でのショッピング利用代金を請求時に充当して減額することができます。
簡単に言うと、iD決済を行うと、請求時に割り引かれるのです。

これが何がお得かというと、「請求時に充当して減額」というところがミソです。

どういうことかと言うと、お店でポイントを使って支払ってしまうとその場で値引きされてしまうので、ポイントは値引き後の額でポイントが貯まります。

対して、iDキャッシュバックは請求時に割り引かれるため、買い物時は割り引かれていない額でポイントが貯まります。

要はポイントの貯まり方が違うのです。

もう一つ、dポイントはローソンやマクドナルドなど一部の店でしか利用することはできません。
しかし、iDキャッシュバックを利用すれば、iDが利用できる店であればdポイントを使えるのと同じことになるため、非常に使える場所が広がります。

ID決済ができる店

なお、dポイントをiDキャッシュバックに交換する方法は、ドコモの公式サイトから可能です。
交換手続きを行えば、反映日の16日になると自動的にiD利用分に充当してくれます。

iDキャッシュバックの申請はこちら(公式サイト)

iDキャッシュバックの詳しい記事は別にまとめているので、良かったら一緒に見てください。

dポイント投資改悪後の出口戦略はiDキャッシュバックがおすすめ
iDキャッシュバックって何?iDキャッシュバックのお得な使い道って?こんなことを思ったことはないでしょうか。dポイント投資が改悪後されてしまいますね。貯めたdポイントをどのようにして使ったらお得かというと、iDキャッシュバッ...

期間・用途限定dポイントおすすめの使い道3つ

Amazonで購入

ドコモ利用者限定のサービスで、期間・用途限定dポイントをAmazonで利用することができます。

キャンペーン等で貯まるポイントは、期間・用途限定dポイントが貯まることが多いのですが、Amazonで利用できるので使い道に困ることはありません。

Amazonでd払いによるポイント支払いをする設定は次のとおりです。

充当方法の設定画面はこちら

Amazonのd払い設定方法

dポイントのご利用方法

ローソンでLoppiお試し引換券

Loppiお試し引換券は、コンビニエンスストアのローソンに設置されてある端末「Loppi」で、dポイントまたはPontaポイントと引き換えにいろいろな商品と交換できます。

Loppiお試し引換券を使用すると、商品価格が最大で3分の1程度の価格で商品を交換できます。
このため、1ポイント=3円以上のため還元率は3%超えになります。

Loppiお試し引換券は、自動的に期間・用途限定dポイントから引いてくれます。

Loppiお試し引換券については、別記事で解説していますので一緒に見てください。

Loppiお試し引換券が超絶お得!新商品が最大で通常価格の3分の1で買える!!
今回は私、らくしゅみが週2回通って使っている、Loppiお試し引換券を御紹介いたします。新商品が超絶お得な価格で買えて、お酒まで買えるので超おすすめです。Loppiお試し引換券とはLoppiお試し引換券は、コンビニエンスストアのロ...

ちなみに、あまり知られていませんが、を使用すると、商品価格が最大で3分の1程度の価格で商品を交換できまLoppiお試し引換券で現金のお支払いが全くなくても、ポイントカード提示でdポイントまたはpontaポイントはしっかりと貯まります。

dショッピングで購入

毎月20日にdショッピングで期間・用途限定ポイントの支払いでも、なんと20%のポイント還元になります。
ポイントで支払って、20%還元されるというお得極まりない状態です。

dショッピングで購入については、別記事で解説していますので一緒に見てください。

dショッピングデー徹底活用まとめ!すべてポイント利用分や注意事項
* dショッピングをお得に利用する方法* dショッピングをすべてdポイント利用した買い物ではポイントが付与されるの?* dショッピングデーの20%還元よりさらに還元率を上げて、最高還元率28.5%を得る方法こんなことを思ったことはな...

お店での支払いは基本d払いが最強で、d払いが利用不可のお店はiD決済

dカード GOLDを持ったら、お店での支払いはクレジットカードではなく、dカード GOLDを設定したd払いにしましょう。
なぜなら、還元率が一番良いからです。

  • d払い利用200円=1ポイント付与(0.5%還元)
  • dカードお支払割+4%還元
  • dカード GOLD利用1%還元
  • dポイントスーパー還元プログラムで最大+7%還元

なんと、d払いを利用するだけで12.5%還元になります。
さらに、こえたらリボを利用すると+0.5%(1,000円につき5ポイント)されるので、最大で13%還元です。
間違ってもdカード GOLDのクレジットカードで支払わないようにしましょう。dカード GOLDのクレジットカードでは、dポイントスーパー還元プログラムの対象外になってしまいます。

次に、d払いが利用できない場合は、iD決済を利用しましょう。

  • dカード GOLD利用1%還元
  • dポイントスーパー還元プログラムで最大+7%還元

合計で8%還元になります。
iD払いも同様に、こえたらリボを利用すると+0.5%(1,000円につき5ポイント)されるので、最大で8.5%還元です。

もし、クレジットカード払いしかできない場合は、次の還元率になります。

  • dカード GOLD利用1%還元
  • dカードお支払割+4%還元

クレジットカード払いも同様に、こえたらリボを利用すると+0.5%(1,000円につき5ポイント)されるので、最大で5.5%還元です。

なぜ、支払い方法によってこれだけ還元率が違うかというと、dポイントスーパー還元プログラムとdカードお支払割5%還元の対象が違うからですね。

両方対象になるのは、d払いだからです。

スーパー還元プログラムdカードお支払割
d払い
iD決済×
クレカ支払い×
【これがdカード GOLD所有の基本支払い形】
・d払いが一番還元率が良くて、最大13%還元
・2番目はiD払いで、最大8.5%還元
・最後にクレジットカード支払いで、5.5%還元

ガソリンはENEOSでiDキャッシュバック+iD払いのコンボ

iDキャッシュバックを利用すると実質ポイント払いができて、さらにポイントも貯まります。
貯まるポイントは、先ほど解説したとおり最大8.5%還元になります。

ENEOSはiD払いができますので、ガソリンを給油してポイントを貯めることができます。
ガソリンはかなりの額になるので、結構ポイントが貯まります。

さらに、ENEOSはdカード特約店です。
このため、 iD決済で200円(税込) = 1ポイントと、dカードを紐付けたiD利用による決済ポイントで、100円(税込) = 1ポイントの合計200円(税込) = 3ポイントになるため、還元率は10%になります。

年間利用額を100万円以上を目指して年間ご利用額特典をゲット

年間ご利用額特典は、dカード GOLD会員限定のサービスです。

このサービスのおかげで、年会費の元を取れるばかりか、200万円以上の利用で年会費の2倍の特典を貰うことができるので、大幅なプラスにすることができます。

利用額特典
前年の年間利用額累計が100万円(税込)以上10,800円相当
前年の年間利用額累計が200万円(税込)以上21,600円相当

100万円を達成するには、83,500円/月が必要です。
200万円だと、166,700円/月が必要です。

100万円であれば、スマホ利用料金や公共料金など、ありとあらゆるものをdカード GOLDに設定すれば、そこまで難しい条件ではないと思います。

200万円だと、意識して利用しないと厳しいと思いますが、特典がすさまじいので頑張って200万円を目指しましょう。

なお、利用月は、前年の12月16日~12月15日となっています。

特典としては、次のものがあります。

  • ケータイ購入割引クーポン
  • d fashionクーポン
  • d トラベルクーポン
  • dショッピングクーポン
  • dデリバリークーポン

個人的には、dショッピングクーポンになります。
dショッピングでお酒を買っちゃいますね(汗)

人によって違いますが、例えば、ケータイ購入割引クーポンを利用すれば、毎年最大21,600円を割り引いてスマホを買い替えることができますね。

dカード | dカード GOLD年間ご利用額特典(2020年6月お届け分)
ドコモのクレジットカード「dカード GOLD(ゴールドカード)」では、ゴールド会員限定で入会2年目以降に前年の年間ご利用額累計が、100万円(税込)以上、200万円(税込)以上のお客様にそれぞれ11,000円相当、22,000円相当の選べる特典を進呈いたします。

リボ払いの「こえたらリボ」を活用してポイント還元率をブースト

dカード GOLDのポイント還元率は1.0%です。
しかし、リボ払いを活用することにより、さらに50%増量させることができるので1.5%還元にすることができます。
厳密には1,000円につき5ポイントが貯まるので、単純に50%増量ではない点には注意が必要です。

ですが、リボ払いは使い方を誤ると金利手数料がどんどん膨れ上がってしまいます。
そのリボ払いの金利手数料を極力抑える技があります。

このため、金利手数料は数円だけ払って、ポイントだけ50%増量させることができるわけです。

詳しいやり方は、別記事にしていますので良かったら一緒に見てください。

dカード GOLDのポイント還元率を1%から1.5%に上げる方法
* dポイントを極限まで貯めたい* dカード GOLDのリボ払いでポイント還元率が上がる仕組みを知りたい* ポイント還元率が良くて、お得なクレジットカードが欲しいこんなことを思ったことはないでしょうか。dカード GOLDのポ...
スポンサーリンク

dカードのほうがおすすめな人

ここまで説明して、逆におすすめできない人は次に当てはまる人だと思います。

  • 毎月のドコモ利用料金が安い
  • dカードを普段使いしない(d払いにしか使わない)
  • 年間ご利用額特典がもらえない
  • クレジットカードはマイルを中心に貯めたい
  • 年会費1万円の元を取れると言っても実際には払うのだから、クレジットカードに毎年1万円は払いたくない

やはり、dカード GOLDをメイン決済カードにしないと旨味がありません。
d払いにしか使わないなど、サブカードとしての利用であれば通常のdカードをオススメします。

スポンサーリンク

まとめ

最も効果的なdカード GOLDの活用で重要なのは次の2つです。

  1. お金を利用する場合は、極力d払い、できない場合はiD決済を行う
  2. スマホ利用料金や公共料金など、ありとあらゆるものをdカード GOLDに設定

当たり前のことですがこれを徹底することにより、他のクレジットカードの追随を許さない最強のポイント還元率になります。

また、年間利用額特典も狙えて、100万円以上の利用10,800円分のクーポン、200万円以上の利用で21,600円のクーポンが貰えます。

貯まった通常ポイントは、iDキャッシュバックが最もお得です。
なぜなら、ポイントで支払っているのと同等なのに、ポイント還元されるからです。
他のクレジットカードでは、ポイント払いでは基本的にはポイント付与はありません。

期間・用途限定dポイントの使い道も、Amazonでポイント払いができるので汎用性抜群です。
お得だけで言えば、dショッピングで20%還元、または、ローソンお試し引換券を利用すると1ポイントが最大3円程度にまで跳ね上がります。

d払いをまだ設定していないかた、こちらからダウンロードして設定ができます。

まだd払いを使っていない方は、こちらのリンクからどうぞ。

【300×250】株式会社NTTドコモ/dカードGOLD

twitterでは次のようなことをつぶやいていて、フォローしていただくとブログの更新情報が届きます。

  • クレジットカードポイントのお得活用、情報
  • 資産運用のFX投資情報(不労取得)
  • JALマイルの貯め方
  • キャッシュレス決済(○○ペイ)情報
  • スマホのお得情報

タイトルとURLをコピーしました