最強のクレジットカードとキャッシュレス決済の2つの組合せを厳選

クレジットカード

こんにちは、3人子連れパパのらくしゅみです!(@laksumi_fb)

何枚もクレジットカードを持ちたくないから、クレジットカードは2枚に厳選したい!
PayPayなどのペイ払いのキャッシュレス決済は、いろいろありすぎてわからないから、どれか1つに絞りたい!

この記事は、こんなことを思っている方に向けて書きました。

スポンサーリンク

これだけ持てばOKのクレジットカード2枚を厳選

1枚目のクレジットカードはメイン決済で使うもので、2枚目のクレジットカードは1枚目のクレジットカードにない機能のカードを利用します。

何のクレジットカードが良いか結論を書くと、1枚目はエポスゴールドカードで、2枚目は楽天カードをオススメします。

私、らくしゅみは、今までクレジットカードについて、無料のカードは楽天カードに始まり、有料カードはブラックカードはダイナースプレミアムカードを利用し、現在は20枚くらいを所有しています。
今まで使ってきた中で2枚だけ厳選しました。

メインカードにエポスゴールドカード

エポスゴールドカード

メインカードには最強カードの1つであるエポスゴールドカードが最適解です。

なぜなら、誰しもクレジットカードを選ぶポイントの最大の点として、ポイント還元率がその1つだからです。

エポスゴールドカードのポイント還元率は、ブラックカード以上の最大3.0%の超高還元率となります。

エポスゴールドは年会費無料でポイント還元率が最大3%の最強カード!
この記事は、年会費無料の最強クレジットカードである「エポスゴールドカードのポイント還元率を3.0%にする方法」を紹介しています。 また、エポスゴールドカードの特徴的な「選べるポイントアップショップ」おすすめの登録先も合わせて紹介しています。

他のクレジットカードより、エポスゴールドカードのポイント還元が優れている点は次のようなものがあります。

  • ETCカードやガソリンスタンド
  • ふるさと納税でポイント付与
  • 家電量販店や旅行代理店での購入
  • 公共料金の光熱水費

特にふるさと納税や公共料金の光熱水費でポイントが貯まる点はおすすめです。

エポスゴールドカードでふるさと納税

これは「選べるポイントアップショップ」というものが、エポスゴールドカードにあります。
選べるポイントアップショップで登録した場所でカードを利用すると、ポイントが3倍にアップします。
詳細は公式サイトを見てみてください。

選べるポイントアップショップ

光熱水費やについてのポイント還元率は、いろいろなクレジットカードで半分になるのが多いところ、エポスゴールドカードは光熱水費などの公共料金の支払いで、ポイントが半分などならずに通常どおり付与されます。

エポスゴールドカードで公共料金支払い

海外旅行にもエポスゴールドカードは有益です。
なぜなら、自動付帯で海外旅行傷害保険がつきます。

通常、クレジットカードの海外旅行傷害保険は、旅行代金をクレジットカードで支払うと、その支払ったクレジットカードの海外旅行傷害保険がつきます。これは利用付帯ですね。
しかし、エポスゴールドカードは自動付帯なので、エポスゴールドカードで旅行代金を支払わなくても、自動的に海外旅行傷害保険がつきます。
このため、持っているだけで良いのです。

エポスゴールドカードの海外旅行保険は自動付帯

電子マネーのチャージも、他のクレジットカードではポイントが付かない方向に向かってますが、エポスゴールドカードは全くの逆で、いろいろな電子マネーへのチャージでポイントが付くのでおすすめとなっています。

なお、キャッシュレス決済のところで後述していますが、コンビニなどの少額決済(20,000円以下)は、エポスカードの支払いではなく、モバイルSuicaで決済すると、楽なのと合わせてポイントもさらに貯めることが可能です。

エポスゴールドカードで電子マネーへチャージするとポイント付与

他には、割引制度も最強です。

  • マルイ(OIOI)で年4回10%割引
  • カラオケでルーム料金が30%オフ

インターネットショッピングではポイント2倍~最大30倍になります。

  • 例えば、Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングは「たまるマーケット」を経由すればポイント2倍、他で多いところで最大30倍になります。

たまるマーケット

貯めたエポスポイントを現金化する技を別記事で紹介しています。

エポスカードで貯めたポイントのお得な交換は?現金化のやり方も公開
この記事は、エポスカードでためたポイントの使い道として、どんなものがあるか? また、お得な交換は何か?などをまとめました。 エポスポイントはAmazonギフト券やマイルにも交換が可能です。 さらに現金化することもできて、使い勝手は抜群です。

マイルが欲しいかたにもエポスゴールドカードはおすすめです。

エポスゴールドカードのANAマイル還元率は1.8%で年会費無料の中では最強
エポスゴールドカードはマイル交換に適したクレジットカードなのかを紹介した記事です。 ANAマイル還元率は最大1.8%、JALマイル還元率は最大1.5%と、年会費無料のクレジットカードでエポスゴールドカードは最強と呼ぶにふさわしいカードです。

他にも、エポスファミリーゴールドというサービスがあり、家族カードを無料でゴールドカードが発行可能です。

エポスファミリーゴールド

このように、エポスゴールドカード1枚でおそらく日常生活で利用するものをほとんど網羅できると思います。
このため、この何でもできて、汎用性が抜群のエポスゴールドカードをメインカードとしてオススメします。

デメリットして、最初からゴールドカードの発行をすると、年会費5,000円(税込)がかかります。
ただし、年間ご利用額50万円以上をクリアすれば、翌年以降は永年無料になります。

もしくは、最初は通常のエポスカードを発行して、年間50万円程度を利用すれば、1年目にもインビテーションが来て、エポスゴールドカードを永年無料で発行できます。

年会費5,000円をかけたくないかたは、最初はエポスカードを発行してはいかがでしょうか?

・ポイント還元率が最大3%
・車関係(ガソリンの給油やETC利用)でポイント3倍
・家電量販店の買い物でポイント3倍
・ふるさと納税でポイント3倍
・携帯電話や公共料金の光熱水費の支払いでポイント3倍
・海外旅行傷害保険が自動付帯
・あらゆる電子マネーのチャージでポイントが付与
・カラオケでルーム料金が30%オフ
・Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどでポイント2倍
・家族カードを無料でゴールドカードが発行可能
・買い物はマルイで年4回10%オフ

サブカードに楽天カード

サブカードには楽天カードをオススメします。

理由1つ目として、エポスゴールドカードにはお店でポイントカードを提示するシステムがないからです。
楽天カードには便利な楽天ポイントのシステムがあります。
まあ、今ならスマホでポイントカードのシステムがあるので、そちらを使えば好きなポイントが貯められます。

理由の2つ目として、インターネットショッピングですね。
楽天市場で楽天カードの支払いをすれば、ポイントがザクザク貯まりますね。
もちろん、エポスカードの「たまるマーケット」を経由して、楽天ポイントと同時にエポスポイントも貯めましょう。

ちなみに、楽天市場で貯まるポイントは期間限定ポイントが多いです。
期間限定ポイントの使い道として、ガソリンを給油できることはご存じでしょうか?
別記事に詳細を載せていますので、よろしければ一緒に見てください。

楽天の期間限定ポイントだけで出光のガソリンスタンドで給油する方法
こんなことを思ったことはないでしょうか。この記事で伝えたいこと準備するもの準備するものは楽天カードです。楽天カードだけあれば、期間限定楽天スーパーポイントで出光にてガソリンの給油が可能です。楽天ポイントだけで給油する方...

理由の最後の3つ目は、楽天カードと楽天証券のコンボで、ポイントを貰いながら、さらにポイントを使って投資信託ができて大変お得だからです。
別記事に詳細を載せていますので、よろしければ一緒に見てください。

楽天証券の投資信託に楽天カードを使って毎月500ポイントをゲット
投資信託をお得にしたいこのように思ったことはないでしょうか?楽天証券の投資信託に楽天カードを使って楽天スーパーポイントがもらえるってご存知でしょうか?月に最大で50,000円まで楽天カードを使って投資信託を購入できるため、5...
・ポイントは楽天カードで楽天スーパーポイントを貯める
・インターネットショッピングは楽天市場で楽天カードで支払い
・貯めた通常の楽天ポイントは、楽天証券の投資信託でポイント投資
・期間限定スーパーポイントは、出光でガソリンを給油
スポンサーリンク

これだけ使えばOKのキャッシュレス決済2つを厳選

ペイ払いはPayPayやメルペイなど、ペイと付くものでキャンペーンをやっていたものは、キャンペーン時にほとんど利用しました。

ですが、あえてキャッシュレス決済のおすすめを紹介するとなると、ペイ払いのコード決済より便利で楽な非接触IC決済サービスのモバイルSuicaをおすすめします。

今でこそ、コード決済であるペイ払いは10%や20%還元キャンペーンをやっていますのでお得です。
しかし、このページを見ているかたは、おそらくペイ払いを使いわけるのではなく、どれか1つに絞りたいと思っていると思います。

それでは、なぜモバイルSuicaなのか解説したいと思います。

メイン決済にモバイルSuica

メイン決済にモバイルSuicaを選んだ基準は、いろいろなお店で利用できて、簡単に決済ができて、その中でもお得だからです。

まず、いろいろなお店で利用できる点です。
通常のお店は、コンビニはもちろん、イオンやドン・キホーテなどのショッピングセンター、レストランやマクドナルド、ドラッグストア、家電量販店と基本どこでも利用できます。
さらに、自動販売機でも飲み物を購入できます。

JR東日本:Suica電子マネー>Suicaが使えるお店
Suica電子マネーをお買い物で楽しく便利に使う&#1...

次に簡単に決済ができる点です。
QRコード決済の利用には、支払うまで次の順序のように長い手続きが必要です。

  1. スマホを出す
  2. 画面をつけてスマホのセキュリティロックを解除する
  3. 対象のアプリを起動する
  4. アプリ内でQRコードを表示する
  5. お店にQRコードを見せて決済
  6. 画面を消す
  7. スマホをしまう

対して、モバイルSuicaなどの非接触IC決済サービスは、こんなにも少ない手順で支払うことができます。

  1. スマホを出す
  2. お店のレジのリーダーにタッチして決済
  3. スマホをしまう

このように、モバイルSuicaであれば、画面をつけてスマホのセキュリティロックを解除することすら不要です。

キャッシュレス決済はポイント還元率?利便性?選ぶポイントを徹底比較!
この記事を見ていただくと、使い勝手が良く便利なキャッシュレス決済とポイント還元率が良くておすすめのキャッシュレス決済がわかります。 Suica、PayPay、d払いをおすすめしていますが、なぜそれをおすすめするかを紹介しています。

最後にお得な点です。

この記事の最初のほうで、クレジットカードのメインカードはエポスゴールドカードを紹介しました。
なんと、モバイルSuicaにエポスゴールドカードでチャージすると、エポスポイントが3倍の1.5%還元で貯まります。
このため、モバイルSuicaのすべての決済が1.5%還元になるわけです。
自動販売機で飲み物を買って1.5%還元になるのです。
細かいですが、150円のジュースを買っても、10円単位もすべて1.5%還元ですね。
なぜなら、チャージ時にすでにポイントがついているからです。

・モバイルSuicaを選んだ基準は、いろいろなお店で利用できて、簡単に決済ができて、その中でもお得だから
・通常の支払いは、モバイルSuicaにエポスゴールドカードでチャージして、モバイルSuicaで支払い
・モバイルSuicaの支払い限度額は20,000円なので、それ以上はエポスゴールドカードで支払い
・モバイルSuicaならどこでも1.5%還元(自動販売機も!)

サブ決済にPayPay

もし、サブの決済手段も用意できるのであれば、PayPayをおすすめします。
なぜなら、モバイルSuicaが利用できないお店でも、PayPayなら利用できるお店がたくさんあるからです。

例えば、ラーメン屋や小さい町のスーパーなど、クレジットカード決済やモバイルSuica決済ができなくても、PayPayなら可能なところが結構あります。
なぜかというと、クレジットカード決済やモバイルSuica決済は、お店側では専用の機械が必要だからですね。
PayPayであればバーコード決済なので、QRコードだけ用意すればいいのです。
言ってしまえば、QRコードの紙をパウチしてレジの店員に渡しておくだけです。
導入のしやすさから、PayPayは爆発的に導入店舗が増えたのだと思います。

また、PayPayは還元率1.5%と高くて、オートチャージもできるのでおすすめです。

まだ、PayPayをしていないかたは次のリンクからできます。


スポンサーリンク

まとめ

クレジットカードは次の2枚がおすすめです。

  1. メインカードにエポスゴールドカード
  2. サブカードに楽天カード

メインカードにエポスゴールドカードの理由としては、条件付きではありますが年会費無料のゴールドカードで、汎用性が抜群に高くて使いやすく、それなのにポイント還元率が3%と超高還元のカードだからです。

サブカードに楽天カード理由としては、貯まる楽天ポイントの使い道が良いからです。
貯めた通常の楽天ポイントは、楽天証券の投資信託でポイント投資。
期間限定スーパーポイントは、出光でガソリンを給油。

次に、キャッシュレス決済の2つのおすすめです。

  1. メイン決済にモバイルSuica
  2. サブ決済にPayPay

メイン決済にモバイルSuicaの理由は、いろいろなお店で利用できて、簡単に決済ができて、その中でもお得だからです。
ペイ払いのコード決済と比べると、モバイルSuicaは本当に使いやすいです。
また、ポイント還元率もエポスゴールドカードとのコンボで1.5%になります。

サブ決済にPayPayの理由として、モバイルSuicaが利用できないお店でも、PayPayなら利用できる店舗が多いからです。
また、PayPayはポイント還元率が1.5%と高くて、オートチャージもできる点も見逃せないですね。

twitterでは次のようなことをつぶやいていて、フォローしていただくとブログの更新情報が届きます。

  • クレジットカードポイントのお得活用、情報
  • 資産運用のFX投資情報(不労取得)
  • JALマイルの貯め方
  • キャッシュレス決済(○○ペイ)情報
  • スマホのお得情報

タイトルとURLをコピーしました