キャッシュレス決済はポイント還元率?利便性?選ぶポイントを徹底比較!

キャッシュレス決済
・キャッシュレス決済は何がおすすめなの?
・キャッシュレス決済でポイント還元率が高くておすすめなのは?

このように思ったことはないでしょうか?

こんにちは、3人子連れパパのらくしゅみです!(@laksumi_fb)

キャッシュレス決済は、使い勝手で選ぶか、ポイント還元率で選ぶかによって、何がおすすめかが異なります。

また、貯まるポイントの出口戦略も大事です。

使い勝手であれば、PayPayなどのQRコード決済より、モバイルSuicaなどの非接触IC決済サービスが圧倒的です。
なぜなら、QRコード決済の利用には、支払うまで次の順序のように長い手続きが必要です。

  1. スマホを出す
  2. 画面をつけてスマホのセキュリティロックを解除する
  3. 対象のアプリを起動する
  4. アプリ内でQRコードを表示する
  5. お店にQRコードを見せて決済
  6. 画面を消す
  7. スマホをしまう

対して、モバイルSuicaなどの非接触IC決済サービスは、こんなにも少ない手順で支払うことができます。

  1. スマホを出す
  2. お店のレジのリーダーにタッチして決済
  3. スマホをしまう

このように、モバイルSuicaであれば、画面をつけてスマホのセキュリティロックを解除することすら不要です。

ちなみに、iPhoneでQUICPay、iD払いをする方は、iPhone7、8の場合はTouch IDに指を乗せたままiPhoneをリーダーにかざし、iPhoneX以降の場合はfaceIDで認証をしてからiPhoneをリーダーにかざす必要があります。

Apple Watchの場合はサイトボタンをダブルクリックして起動後、そのままリーダーにかざします。

さて、使い勝手がよく便利なのは、モバイルSuicaなどの非接触IC決済サービスですが、ポイント還元率で言うと、QRコード決済が群を抜いてお得になります。

この記事で伝えたいこと

使い勝手が良く便利なキャッシュレス決済
ポイント還元率が良くておすすめのキャッシュレス決済
スポンサーリンク

使い勝手が良く便利なキャッシュレス決済

Apple Pay + Suica

通常のお店は、コンビニはもちろん、イオンやドン・キホーテなどのショッピングセンター、レストランやマクドナルド、ドラッグストア、家電量販店と基本どこでも利用できます。

さらに、自動販売機でも飲み物を購入できます。

JR東日本:Suica電子マネー>Suicaが使えるお店
Suica電子マネーをお買い物で楽しく便利に使う&#1...

このようにApple Pay + Suicaだけでたいていの場所で支払いができてしまうので利便性は抜群です。

また、冒頭で書きましたが、決済でいちいち画面を出さずとも、スマホを取り出して、リーダーにかざすだけになることが本当に便利な点です。

QRコード決済を使ってみるとわかりますが、いちいち画面を出すのがかなり面倒です。

メリットは他にも、オートチャージ対応のクレジットカードを使えば、自動的にチャージされるので本当に手間いらずです。

なお、デメリットと言える部分は唯一あげるとすると、Suicaの上限は20,000円となっていますので、高い買い物は決済できません。
これは、他の決済と比べると、若干低い上限設定です。

ちなみに、ポイント還元率も悪いわけではありません。
選ぶクレジットカードによってポイント還元率は変わりますが、私、らくしゅみのおすすめは次の2種類です。
なお、Suicaチャージのポイント還元率は両方のカードとも一緒です。

クレジットカード年会費(税抜)ポイント還元率Suicaチャージ還元率備考
ビュー・スイカカード477円0.5%1.5%・Web明細ポイントサービスに申込みで1年間に600ポイントが貯まる(公式サイト)
・ビューサンクスボーナスにより、年間の利用額累計によってボーナスポイントが貰える(公式サイト)
・電車に乗る、定期購入、グリーン券購入で、50円につき1ポイントが貰える(公式サイト)
・貯めたポイントは1ポイント⇒1円としてSuicaにチャージ
ビックカメラSuicaカード無料(初年度) 477円(2年目以降)1~10%1.5%・年1回の利用で次年度年会費無料
・通常1%、ビックカメラは10%
・通常1%のうち0.5%はJREポイント、残りの0.5%はビックポイントが貯まる。ビックポイントをSuicaに交換は1,500ビックポイント⇒Suica1000円分なので、還元率は0.8%に下がる

私、らくしゅみの一番のおすすめは、ビックカメラSuicaカードです。
なぜなら、一度でも利用すれば年会費が無料になる点と、ポイント還元率が一番良いからです。

また、メイン決済カードが他のクレジットカードであること、電車にはあまり乗らないことがその他の理由です。

ビュー・スイカカードは、ビューサンクスボーナスで年間利用額によりボーナスポイントが貰えるので、キャッシュレス決済をSuicaメインにして、ボーナスが狙える人であればビュー・スイカカードのほうがおすすめです。

さらに、電車に良く乗る方、定期を購入する方は、ビュー・スイカカードのみ、50円につき1ポイントが貰えるので、ビュー・スイカカードのほうがお得です。

なお、両方のカードともオートチャージは対応しています。

ポイント還元率の計算は難しいですが、ビックカメラSuicaカードで言うと、チャージ時に+1.5%、決済時に1%、政府還元の5%で合計で7.5%還元です。

ただし、貯めたポイントをSuicaに交換すると-0.2%なので、合計で7.3%還元でしょうか。
まあ、ビックカメラでポイント利用すれば還元率はそのままですし、何より、ビックカメラでの決済で最大10%還元にもなるので、ビックカメラで利用すればするほど還元率は7.5%よりもさらに上がります。

ビュー・スイカカードの場合は、年間利用額や電車、定期の購入金額によっても還元率が変わってしまうので割愛します。

・お店、ネットショッピングでいろいろなところで利用可能なので、利便性は抜群
・オートチャージで手間いらず
・キャッシュレス決済は、スマホでピッとするだけで簡単に決済が可能
・上限額が20,000円なので、大きい買い物はできない
・ポイント還元率は、チャージ時1.5%、決済時に0.5%~1%(ビックカメラでは10%)、政府還元の5%でQRコード決済と比べても還元率は悪くない

Apple Pay + JCBカード(12月15日までの期間限定)

2019年12月15日(日)までの期間限定のキャンペーンですが、JCBカードを紐づけたApple Payで支払いを行うと、利用額の20%(最大10,000円)がキャッシュバックされます。

しかも、JCBカードごとに最大10,000円がキャッシュバックされるため、何枚もJCBカードがあるとお得です。

このキャンぺーンを使いきったら、他のキャッシュレス決済を利用すると良いと思います。

【終了しました】JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!
スポンサーリンク

ポイント還元率が良くておすすめのキャッシュレス決済

PayPay(ペイペイ)

一番おすすめのキャッシュレス決済です。

PayPay + Yahoo!カードの組み合わせがお得です。

PayPay決済の+1.5%、Yahoo!カードのPayPayへのチャージで+1%、政府還元の5%で合計で7.5%還元です。
なお、11月末までは、まちかどペイペイのキャンペーンで+3.5%になるため、合計で脅威の11%還元になります。

さらに、抽選で最大1,000円分の還元があるのもお得です。

また、使えるお店の増え方がすごいですね。
キャッシュレス決済ができるところであれば、主要なところは網羅出来ているのではないでしょうか?

PayPayが使えるお店 - PayPay
PayPayが使えるお店は順次拡大中です!日本全国のPayPayのマークがあるお店でお支払いにご利用できます。

利用上限額については、PayPay残高の支払いであれば過去24時間に50万円まで利用可能です。
また、過去30日間では200万円まで可能です。

還元率は最大11%還元!
抽選で最大1,000円分の還元
使えるお店はかなり多く、さらに増えている
利用上限額は過去24時間に50万円まで利用可能

楽天ペイ

政府のポイント還元は店舗によって5%や2%と分かれますが、楽天ペイはどこで使っても一律5%還元されるのが楽天ペイのすごいところです。

【第1弾】楽天ペイアプリのお支払いで最大5%還元 - 楽天ペイアプリ
全員対象!全店舗どこでも期間中ずーーっと5%還元!楽天ペイアプリでは【キャッシュレス・消費者還元事業】とあわせて、2019/10/1から12/2 9:59まで全店舗で5%ポイント還元となるキャンペーンを実施いたします。

楽天ペイ

このため、ポイント還元率は、楽天ペイ決済で+5%、楽天カード紐づけで+1%、合計で6%還元です。

還元率は良いとは言えませんが、貯まるポイントが楽天ポイントなので使い勝手は良いです。

また、楽天ペイが使えるお店もたくさんあります。

スマホ決済が使えるお店 - 楽天ペイアプリ
楽天ペイのスマホ決済が使えるお店をご紹介します。コンビニやドラッグストア、飲食店、家電量販店など様々なお店でお使いいただけます。お店の検索もこちらから。

なお、利用上限額は、楽天IDの会員ランク・楽天ペイアプリのご利用状況・ご利用店舗等によって上限金額は異なるそうです。

支払いに利用できる金額に上限はありますか? | 楽天ペイアプリ: よくあるご質問
楽天IDの会員ランク・楽天ペイアプリのご利用状況・ご利用店舗等によって、楽天ペイのサービス仕様にて上限金額を設定しております。 楽天ペイアプリのお支払い元がカード(クレジットカード・デビットカー

d払い・iD払い

docomo利用者限定で、ポイント還元率が最も高くなるキャッシュレス決済です。
なぜなら、dポイントスーパー還元プログラムにより、最大で+7%の還元率になるからです。

なんと、合計還元率は脅威の14%です!

d払いの決済により+0.5%、dカード紐づけによるカードのポイント還元が+1%、dポイントスーパー還元プログラムで+7%、リボ払いのブーストで+0.5%、政府還元の5%で14%です。

なお、iD払いの場合は、決済時の還元がありませんので、-0.5%の合計13.5%還元となります。

街のお店から探す|d払い - かんたん、便利なスマホ決済
d払いが使える街のお店はどんどん拡大中!d払いはさまざまなお店でご利用になれます。お支払い金額200円につき1ポイントのdポイントがたまり、アプリからも近くのお店を探すことができます。
使えるお店をさがす⋮電子マネー「iD」
電子マネー「iD」の使えるお店検索。コンビニ、カフェや自動販売機、スーパーなどいつものお店で使える。キャッシュレスなら「iD」。

d払いの利用限度額は、dカードを紐づけている場合はクレジットカードの利用枠になります。
このため、通常は何十万単位で決済ができると思います。

ただ、電話料金合算払いだと、契約期間によって利用限度額が変わり、最大でも100,000円/月になります。

ご利用条件 - 電話料金合算払い|d払い - かんたん、便利なスマホ決済
電話料金合算払いでd払い / ドコモ払いをご利用になるための条件についてご説明しています。ドコモの安心なキャリア決済を活用して、ファッションや通販などのお支払いを便利に、ポイントをお得に貯めましょう!
スポンサーリンク

利用しないキャッシュレス決済

Origami Pay(オリガミペイ)

多くの店舗で購入時に3%または1%の割引が受けれます。

金融機関の口座を経由しての買い物なら3%引きになります。
クレジットカードとの紐付けなら1%引きになります。

Origami Pay(オリガミペイ)にクレジットカードを紐づけて利用するのなら、kyash + クレジットカード組み合わせがお得です。
ただ、なかなか2%還元以上になるクレジットカードはないので、金融機関の口座を経由しての買い物で3%引きにしたほうが基本はお得になります。

このためポイント還元率(割引含む)は、3%引き + 政府還元の5%で合計で8%還元です。

メリットとしては、還元率が良いことと、銀行口座決済の上限額が1回あたり10万円なので高額決済が可能な点です。

ただ、利用できるお店がお世辞にも他と比べると良いとは言えないところが最大のデメリットです。
このデメリットさえ解決すれば、還元率もなかなかで、クーポンもいろいろと配っているのでお得です。

現在は、メイン決済ではなくクーポンのみの使用としています。

Origami - Origami Payが使えるお店
コンビニでも、飲食店でも、ドラッグストアでも。Origami Payが使えるお店、増えています。

LINE Pay(ラインペイ)

LINE Pay(ラインペイ)は1か月の使用金額によりバッジカラーが決まり、ポイント還元率が変わります。

バッジカラーポイント還元率認定基準(1カ月当たりの使用金額)
グリーン2%10万円以上
ブルー1%5万円以上10万円未満
レッド0.80%1万円以上5万円未満
ホワイト0.50%1万円未満

最大のポイント還元率は2%ですが、毎月毎月10万円以上を利用するのは、かなりの方が難しいと思います。
多くの方がレッド、場合によってはブルーとかではないでしょうか?

ブルーとして考えても+1%還元となるため、他のQRコード決済と比べると還元率は低いと言わざるを得ないと思います。

このため、LINE Payを使うのであれば、Suicaを利用するので、現在はまったく利用していません。

ただ、メリットとしては1回の利用額がSuicaは20,000円に対して、本人確認を行ったLINE PayのLINE Money(チャージ残高からの決済)は 一度に100万円まで決済する事が可能な点です。

スポンサーリンク

まとめ

ポイント還元率が良いキャッシュレス決済で選ぶなら、QRコード決済のPayPayの11%還元(11月末までの期間限定。それ以降は7.5%還元)が、利用限度額も高く一番おすすめです。

ただ、ドコモ利用者限定で、d払いの14%還元(iD払いは13.5%還元)がもっとも高いです。

使い勝手が良く便利なキャッシュレス決済は、Apple Pay + Suicaがおすすめです。

わざわざ画面を点けてQRコードを表示させる必要はなく、スマホを取り出してレジのリーダーにかざすだけですので、本当に楽で簡単です。

また、オートチャージも可能なのですべてが手間いらず、いろいろなお店で利用できるので、これ1つで決済は可能になるくらい便利の極みです。

ただ、利用上限額が20,000円なのは注意が必要です。

なお、現在はJCBの20%還元キャンペーンをやっているので、2019年12月15日(日)まではApple Pay + JCBカードを利用して、それからQRコード決済のPayPayでポイント還元率を取るか、Apple Pay + Suicaで利便性を取るかになると思います。

twitterでは次のようなことをつぶやいていて、フォローしていただくとブログの更新情報が届きます。

  • クレジットカードポイントのお得活用、情報
  • 資産運用のFX投資情報(不労取得)
  • JALマイルの貯め方
  • キャッシュレス決済(○○ペイ)情報
  • スマホのお得情報

タイトルとURLをコピーしました